“やっと1ヶ月間の夜勤バイトが終わりました。

普段やっている昼勤務のバイトだけでは生活ができないため、
出稼ぎ的な感覚で短期の夜勤のバイトをやっておりました。

バイトの内容は棚卸しです。

閉店した店舗に行って、店舗にある商品在庫を調べるお仕事です。
服屋、ホームセンター、ドラッグストア、本屋などいろいろ行きました。

416482

閉店した店舗になかなか入る機会はないので、はじめて仕事するときは
どきどきしました。

実際の仕事内容は棚に並んでいる商品をひたすら数えたり、
バーコードをスキャンするだけなので難しくはありませんでした。


数十人規模で店舗へ行くのですが、仕事中に私語をする人も少なく、
作業に集中しているとあっという間に時間がすぎていきます。

単純作業ですが、同じ動作をひたすらするというものでもないので、
どうやったら早く数えることができるかなど考えなら作業することができ、
以外と楽しめました。淡々と作業をしたい人にはおすすめです。

ただし、この仕事には落とし穴があります。移動時間がとても長いことです。
片道1、2時間は当たり前で4時間かかる現場というものもありました。
移動手当がもらえるのですが、1000円くらいのものでした。
面接の時に移動時間のことについてはほとんどふれていなかったので、
これには面食らいました。

それでも、1日9000円くらいにはなるのでなんとか我慢して続けられました。
22,3万円くらいにはなったので一応満足しています。

来週からはまた昼勤バイトに戻ろうと思います。”